FXトレードが劇的に改善 ライントレードのやり方

多くのトレーダーが、最終的に行き着くライントレード。
水平ラインだけを使ったトレードは他のトレード法と比べ、
すごくシンプルで実はとても確実性が高いです。

今回は、ライントレードの基本的な方法をご紹介します。

まずはチャートに波を描く

波を描く、そして基準

まずはチャート上に波を描かなければ
肝心要のラインが引けません。
そしてダウでいうトレンド、そしてトレンドの転換を知ることが出来ません。

他の記事でダウ理論の基本原則の中から
「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」をお話しました。
チャート分析には欠かせないダウ理論、すべての基本原則は必ず理解しておかないといけません。

それでは波を描いてみましょう。

まずは下の画像をご覧ください。
あなたならこのチャートでどんな波を描きますか?
波を引く際、あなたはどんな基準を持っていますか?

なぜ水平ラインを使うのか?

ラインが教えてくれるもの

周知の事実だとは思いますが・・
為替相場は多数決の原理で動いています。
買う人(量)が多ければレートは上昇、売る人(量)が多ければレートは下降します。

FXで勝つ為には、この多数決の原理を理解しなければなりません。
つまりは、多くの人が注目している場所を自分も注目し、
多くの人がとるポジションの方向に自分もポジションをとること。
これがすべてとも言えます。

サポレジもその他の短期水平線もダウも波も、全てはその為に存在すると考えています。
多数決を探るための方法ということですね。

色々な手法、様々なテクニカルツール.インディケータetc…..
たくさんあります、どんな物にも良い特徴がありますが、
そういった物よりは、まずは動かない基準が必要です。
なぜならば、より多くのトレーダーが注目する可能性が高いからです。

多くの人が見ているもの、多くの人が採用しているもの、
動かない基準…それは価格です。
そしてその価格を基にしたものは…水平ラインということになります。

おおよその事はラインで考え、それ以外を補助的に使います。

物語を読んでいるようなもの

さて、動かない基準を目安にすべきだというお話しをました。
それは多くのトレーダーが見ている可能性が高いからでしたね。

ではその基準をどこから探すのでしょう?

答えは左側。チャートの左側。つまり過去です。

ご存知の通り、サポレジラインやその他の短期水平線は
全て過去から引きますよね?

全て過去の動きを参考にするんです。
過去から未来を予測する、この繰り返しです。

ラインだけではありません。

過去の波も未来の予測に役立ちます。

過去の動きがたくさんの事を教えてくれます。

過去の物語を読み解けるようになった時に、
はじめてその物語の続きを想像することができるのです。

物語を読み解く・・・それがチャートのテクニカル分析だと僕は考えています。

サポートライン・レジスタンスライン

サポレジラインの重要性

ダウ理論的に言うと上昇トレンドが継続、
であれば直近高値と直近安値が切り上がります。
(厳密に言うとちょっと違いますが・・)
下降トレンドはその逆です。

上昇ならば直近高値の価格を上抜け(そして安値切りあがる)、、、
つまり直近高値ブレイクしないとトレンドは起こらないということです。

この直近安値、直近高値は
「直近安値」=サポート、「直近高値」=レジスタンスと言い換えることができます。
(もちろん直近以外でもサポレジは存在しています)

当たり前の事ですが、トレンドの継続や転換を確認するためには、
このサポートやレジスタンスをブレイクする必要があるという事です。
(支持線 抵抗線)

また、ライントレードにおいても、このサポレジラインは重要です。
サポレジラインをもとにチャートを読み取り、そしてトレードしていきます。

じゃあ、このサポートとレジスタンスをしっかりと引く必要がありそうですね。

では、ますは動画でサポレジの重要性をお話します。

サポレジラインの引き方

では、そのサポレジラインの引き方です。

今まで、サポートライン・レジスタンスラインをちゃんと引いていなかった方は、
このラインを引けるようになることで
今まで見えていなかった新しい世界を見ることができます。
ライントレードには、このラインが不可欠です!チャート分析の基準のひとつです。

サポレジを抜けたら

サポレジラインの引き方を話しました。

ちゃんと引けるようになりました?
動画を見て、「そうか、わかった」としてはいけません。
自分で何回もやってみる事が重要です。

“理解”と“出来る”は同じではありません。

今回はいったん抜けたラインの取り扱いについてお話します。
引いたラインを永遠に残しておいてはチャートがラインだらけになってしまいますよね?

よって、「残す」「消す」の一定のルールを決めておく必要があります。

今回はその一例をお話したいと思います。
すべてその通りにやればいいという事ではありませんが、参考にしていただければ

ラインが引けたら準備完了!ライントレードを始めよう

波とラインを引けたら、それを使ってチャートの物語を読み解くだけ

ラインが引けたら、それらを意識しながらトレードするだけです。
一般的にサポレジライン付近では抵抗(反発)に遭いやすく、
抵抗を押し抜けて抜けたら、レートが伸びやすいと言われています。

ラインの位置を見ながら、「どういった動きになるか?」を予測してトレードに備えます。

トレード戦略を立ててみよう

動きの予測を立てたら、
「その中で自分はどういったトレードができるか?」を考えていきましょう。

押し目買い・戻り売り、ブレイクでのエントリー等、自分が今できるエントリーを決め、
それにしたがってチャンスがきたらエントリーです。
その際、予測に基づいた利食いや損切りのレベルもある程度決めておきます。

あとはそれに従ってトレードするだけです。

まとめ

・まずは土台となる波を引く
・引いた波を利用して水平ラインを引く(サポレジ)
・ラインを利用してチャート分析、予測を行う
・トレードの戦略を立てそれに従ってトレードする

いかがでしたか?
ラインを引くとチャートの見え方が180度変わってきます。
チャート分析は、最初は精度が低いかもしれませんが
絶えずチャート読み取り練習を繰り返すことによって、少しずつ上達していくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です