【わかりやすい】ダウ理論とは?6つの基本原則

多くの人がFXを始めるにあたって、まず勉強するのはダウ理論でしょう。

この理論を多くのトレーダーが意識しているのは周知の事実なので、避けては通れません。

ダウ理論6つの基本原則

原則の種類

ダウ理論は6つの基本原則から構成されています。

①平均はすべての事象を織り込む
②トレンドには3種類ある
③主要トレンドは3段階からなる
④平均は相互に確認されなければならない
⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない
⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
(FXのチャート分析基礎です)

すべて、意味を説明できますか?

ダウは基礎中の基礎だと言われますが、
なぜ基礎なの分かりますか?

 

まずは基本スタンス

ダウ理論の基本スタンスは
「株価はすべての事象を織り込む」というもの。
(ダウ理論は元来、株式の理論なので株価という表現になります)

つまり
「価格はすべての事象を織り込む」・・“チャートの価格が全て!”ということ

このことに答えが含まれています。

あまり丁寧な解説を見たことがないのですが
それもそのはず・・ダウ理論を理解できると相場が見やすくなっちゃうんです。
日本のウェブサイトではトレンドに関する説明がほとんどです。
それだけでは、ほんの一部ををかい摘んでいるにすぎません。

まずは基本スタンスを理解しましょう。

6つの基本原則を説明

①平均はすべての事象を織り込む

ダウ理論はテクニカル分析の根幹を成すと考えています。
だから6つの原則をすべてを分かっていなければ
「テクニカル分析やってます」とか
「テクニカル派です」とは
恥ずかしくて、とてもそんな事言えません

まずは
①『平均はすべての事象を織り込む』を解説していきます。
では動画をご覧ください。

②トレンドには3種類ある

次は
②『トレンドには3種類ある』を解説していきます。
では動画をご覧ください。
実は、うまくいかないトレーダーはこの原則を理解していない場合が多いです。

 

③主要トレンドは3段階からなる

次は
③『主要トレンドは3段階からなる』をお話します。
トレードに直結する重要な原則です。
うまく使いこなせればトレードが非常にスムーズになります。
しっかりと理解する必要があります。

 

④平均は相互に確認されなければならない

次は、
④『平均は相互に確認されなければならない』をお話してきます。
この原則を説明できない人が多いこと多いこと・・・・・・

 

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

次は
⑤『トレンドは出来高でも確認されなければならない』をお話します。
ダウ理論の中で最も分かりにくいと言われる考え方です。
今回はFXにおいての現実的な理解の仕方を説明しています。
この原則は、負けトレードを減らすヒントになります。

 

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

次は、
⑥『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』を
お話しようと思います。

おそらく多くの方がダウ理論として認識している内容ではないかと思います。
よく言う、「高値切り上げ、、安値切り下げ、、、」のアレです。

これだけがダウ理論だと思っている人もチラチラ・・・素敵な勘違いですね(笑)
ですので、最も馴染みが深く、理解しやすいと思いますが、

時々、「わかったつもり」の方もいることも事実・・・
以前、僕がFXを教えていた人の中でも約半数が曖昧な理解をしていました。
大切な概念ですのでしっかりと確認していきましょう!

いかがでしたか?
ダウ理論はチャート分析をする上で欠かせない理論ですので理解できるまで見返してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です