ポジポジ病の本当の原因と唯一の解決法【治ります】

この記事ではポジポジ病の原因と治し方について解説します。
僕はFX歴13年で、もう10年以上はポジポジ病に悩まされた事がありません。
僕が主催しているFXコミュニティのメンバーの半数は
入会当初この病気に悩んでいましたが、すぐに克服しています。

ポジポジ病とは?

ポジポジ病の「ポジ」とは、ポジションのこと。
相場の状態に関係なく、本来ポジションを取るべきでない場面でも
根拠もなく無駄にポジションを持ちすぎてしまうことです。
ポジションを持った途端にレートが逆に行くという事もしばしば・・・
つまり、エントリーしなくてもいい場所でエントリーしてしまう状態。

無駄なエントリーは損失を重ねるリスクを増やしてしまいます。
資金を蝕む病気です。

ポジポジ病の本当の原因

これらの原因は全部ウソです

一般的に、ポジポジ病の原因として以下の事が言われています。
・稼ぎたい気持ちが強すぎる
・慎重さが足りない
・トレード中毒
・ポジションを持っていないことが不安
・前回の負けを早く取り戻したい
・機会損失への恐れ
・トレードルールを守れない
・チャンスを待つ事ができない

これらは全部ウソです。
FXビギナーが適当に言っているだけですので
このような記述を見たら、「あっ素人さんだな」と思っていいです。

では、ポジポジ病の本当の原因は何なんでしょう?

ポジポジ病の本当の原因

本当の原因が分からなければ、処方箋も間違えます

例をだしてみます
ここで売れますか?

ほとんどの人がNOと言うでしょう。
単純に負けますからね。
わざわざ損をすると分かっている場面でポジションを持ちたい人はいないでしょう。

 

では、ここでは買えますか?

これにはYESと答える人が大半でしょう。
上がると分かっていれば、エントリーを逃す理由はないでしょう。
このように「チャンスかどうかが分かれば」ポジポジ病という症状が出ることはありません。

ここにポジポジ病の原因があります。
「チャートの未来予測」が出来ないのが本当の理由です。

未来のチャートが読めれば、
「稼ぎたい気持ち」とか「慎重さ」とか「トレード中毒」とか
「ポジション持っていない不安」とか「負けを取り戻したい気持ち」とかetc…
全く関係ない事がハッキリわかります。

ましてや「トレードルール」などは予測ができた後に用意するものなので、
ポジポジ病との関連はゼロです。

未来予測のみがポジポジ病を克服させる

実際のチャートでは右側(未来)が見えていない

先ほどのチャート、
実際のトレードでは未来が見えていません。

「チャンスではない事が分からない」
「チャンスなのに分からない」
これがポジポジ病。確認済みですよね?

大事な事をもう1つ確認します。

「FXトレードとは何なのか?」です。
買いポジションを持ったら「上がる事を予想し期待」
売りポジションを持ったら「下がる事を予想し期待」します。
そう、そもそもFXは未来予測ゲームなのです。
差益を得るトレーダーにとって、それ以外の要素はありません。

メンタルの強化などしている暇があったら、未来予測に時間を割くべきです。
意味ないですから。
ポジポジ病の克服は「待つ」が大事と、意味不明な事を考える必要もありません。
何を「待つ」のかが、分からない状態では役に立たないですから。

では、チャートの未来を知るためにはどうすればいいのでしょう?

未来予測は、チャート分析から

もれなく全員に当てはまる事ですが、「チャートの未来予測」が全てを解決します。

未来予測のためには「チャート分析」が必要不可欠です。
過去の動きを分析し、未来の動きを予測します。
チャート分析の結果、未来予測できる事はトレード動画を見てもらえば分かると思います。

まとめ

ポジポジ病は資金を蝕む病気。
原因が間違っていては、対処法も間違う、だからみんな治らない。
ポジポジ病を治すには、正しい原因の理解が必要。原因は「未来予測ができない事」
唯一の克服方法「未来予測」は「チャート分析」から始まる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です